07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

shop megumi

Author:shop megumi
オーガニックショップ恵み
鹿児島県薩摩川内市東郷町斧渕4097
TEL 090-7394-1082
FAX 0996(42)0222
◇メールは こちらまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

2009.08.28 10:13|日々のこと
「恵み」にも週に3回ほど手づくりのパンを作ってくださっていた「麦の歌」さんが8月31日をもって閉店される事になりました

こちらのパンを目当てに来店されるお客様もたくさんいらっしゃっただけに、残念です

本日、恵みにも入荷しております
次回、8月31日入荷分でラストになりますので、ファンの方はお早めに・・・
IMGP3619.jpg
スポンサーサイト

夏のおわり

2009.08.25 16:55|日々のこと
毎年恒例「霧島高原太鼓祭り」に行ってきました。
この夏、最後の夏のかけらです。
dc082503.jpg


数年前、和太鼓に魅せられ、自分でバチを持ち、奏でる側になった私。
すると、さらに他の太鼓奏者の凄さを感じるようになりました。
毎年恒例のこの太鼓祭りは、県内外の太鼓チームの演奏を堪能できる贅沢なイベント。
ここに来て、心を揺さぶられ、私の夏は終わります。

dc082505.jpg
オープニング・総勢140名の鹿児島県太鼓連合の演奏。
耳だけでなく、身体で聴く・・とはまさにこの事
無意識に涙が流れます

dc082507.jpg
今年も14組の太鼓チームの演奏を楽しませてもらいました。
ここ霧島で、しかも野外で、世界レベルの演奏を堪能できるなんて・・・。
鹿児島に住んでてよかったぁ~

暑い時間に始まったお祭りも、フィナーレを迎える頃にはすっかり夜空の下。
ちょっと肌寒いくらいの夜の空気を感じながら、最後の九面太鼓を聴きます。
dc082512.jpg
天孫降臨の地、霧島に郷土芸能として伝わる九面太鼓
神様に捧げる太鼓と舞い。
それはとても神々しく、荘厳な雰囲気。
力強さだけではない、なにか心を奪われる独特な空気感。

また来年も、この場所に来よう。
今年の私より、少し成長した私になって。

さぁ、秋に向かいます


水からの伝言

2009.08.23 09:43|日々のこと
映画「WATER」の上映会&「水からの伝言」の著者、江本勝さんの講演会に行ってきました。
dc082301.jpg

9年ほど前に、水にさまざまな文字や写真、音楽を見せたり聴かせたりして凍らせた結晶を収めた写真集「水からの伝言」を目にした時、ものすごい衝撃を受けたのを覚えています。

透明な容器に水を入れ「ありがとう」と書いた文字の上に置く。
その水を凍らせてできた結晶は美しい六角形を作っていました。

反対に「ばかやろう」と書いた文字の上に置いた水は結晶にもなりきれていないような、ばらばらに崩れたものでした。

以降、私自身さまざまな水と関わってきました。

私が水と深く関わりだしてから10年ほど、変わらずに言われ続けていることは「水には記憶する能力が備わっている」ということ。
この研究が進められている一方で「そんなことは科学的に証明できない」という反対派の声もあがっているのも事実ですが・・・。

ただ、江本さんの本が世の中に出たあと多くの子供達が夏休みの自由研究に「ありがとう」と声をかけたお米と「ばかやろう」と声をかけたお米の違い(ありがとう米はいい香りのする麹になり、ばかやろう米は真っ黒に腐敗してしまいます)や「ありがとう」と声をかけた水に生けた花と「ばかやろう」と声をかけた水に生けた花の違い(ありがとう花は長持ちし、ばかやろう花はすぐに枯れてしまう)を取り上げてくれました。

目の前で起きた現実を素直な子供達はそのまま吸収します。

「ありがとう」の水はいい水で「ばかやろう」の水は悪い水なんだ、と。

私達人間の体も70%は水分でできているのなら「ありがとう」と声をかけた水を摂ることによって、身体の中もいい状態になるって事だよね?!と。

「ありがとう」「愛」「太陽」など美しい結晶をつくる言葉はいろいろありますが、中でも一番美しい結晶をつくった言葉が「愛・感謝」だそうです。

ホ・オポノポノの「ありがとう」「愛してます」とキレイにつながりました

「水」という物質が「記憶」する物質であると前述しましたが、人間が歳をとって物忘れが多くなるのも、体内の水分率が減少していくことと関係しているそうです。
身体の中の水分が減っていくのに比例して、記憶する能力が衰えていく・・・。

物忘れを防ぐためにも、お水は十分に摂っておきたいですね
できれば、「ありがとう・愛してます」と一声かけてから・・・
dc0823011.jpg

さて、今日は今から霧島高原へ最後の夏のかけらを拾いに行って来ま~す

ドライバジル

2009.08.21 14:21|日々のこと
8月も終わりに近づき、いろいろと夏のかけらを集めています。

昨日は、鉢に植えていたスイートバジルを全部集めてドライにしました。
新月だった昨日を待ち望んでの作業。

昔から、新月の日に切った木は腐らないので家づくりに使われてきた・・・とか
新月の日に切ったお花は長持ちする・・・とか
新月の日に作ったものは長持ちするので、保存食作りは新月に行われていた・・とか。

なので、ドライバジルは新月の日に作ろうと決めていたのです

た~くさんあったはずのバジルの葉も、ドライにすると小さな小瓶1つに収まっちゃいました。
ジェノバソースも作りたかったのに・・・

来年はもっといっぱい植えてみよう
dc082101.jpg

獅子座の新月です。

2009.08.19 12:05|ごちゃごちゃいろいろ
秋の気配を感じるようになってきましたね
そろそろ夏のかけらたちを集めに回りたいと思っています。

8月20日(木) 19:01 獅子座の新月 です。

願うタイミング
 ・基本的には、新月直後~48時間以内
   8/20(木)19:01 ~ 8/22(土)19:00

 ・強いパワーが働くのは新月直後~8時間以内
   8/20(木)19:01 ~ 8/21(金)03:00  

 ・この48時間の間で、気をつけたほうが良い時間帯「ヴォイドタイム」
   8/20(木)19:02 ~ 23:01
  
 
  
獅子座の新月に実現しやすい願いごとキーワード

 愛とロマンス、創造力、
 寛大さ、祝福・遊び
 尊厳・決断力
 短気・傲慢

  ・・・など。

獅子座の新月の主な願い事カテゴリ

 ・心の絆を強める願いごと
 ・創造的な活動に関わるための願いごと
 ・寛大な愛を育むための願いごと
 ・人生を楽しむための願いごと
 ・尊厳を増すための願いごと
 ・決意を強める願いごと
 ・傲慢さを抑える願いごと

獅子座の新月に関連のある身体の部分・症状

 背中・背骨
 炎症、憔悴
 熱に弱いこと

キーワードはあくまでも、獅子座の新月の得意分野と捉えてください。
        キーワードにこだわりすぎず、自分の叶えたい願いを優先してくださいね。
                                 参照:魂の願い 新月のソウルメイキング
                                     ジャン・スピラー著
 

皆さんの願いが月に届きますように・・・
Good Luck

お料理教室日程

2009.08.18 11:23|ごちゃごちゃいろいろ
お盆が終わりましたね。
まだまだ日中は暑いですが、朝・夕の空気に秋を感じるようになってきました
暑い・暑いと言っていた夏も、もうすぐ終わりですね。

さて、8月後半のお料理教室日程です。

22日(土) 基本の重ね煮ver 鹿児島市柳町にて <残席1>
24日(月) 
25日(火)
26日(水)
27日(木)
29日(土)

お料理教室の詳細につきましてはオーガニックショップ恵みHPをご覧下さい。

呆れるほど獲れていた夏野菜も、そろそろ終わりが近づいてきました。
秋の重ね煮を考えなきゃ・・・。
やっぱ、キノコとお芋かな

20日(木)は新月です。

猛暑

2009.08.11 11:38|日々のこと
テレビでは日本各地で大雨災害のニュースが流れていますが、鹿児島の最近はまさに猛暑です
家から一歩出ると、アスファルトから照り返される熱気にやられてしまいます
嫌ですね・・・。

こんな田舎でさえ、こんなに感じるのにコンクリートジャングルと言われる都会ではもう私は暮らせないような気がします

私が子供の頃も確かに夏は暑かったけれど、こんなに不快な暑さではなかったように記憶しています。
それは地球環境か変わってしまったからなのか、ただ単に私が歳をとってしまったからなのか・・・

私達がしてきたような、夏は夏らしい遊びを・冬は冬らしい遊びを・・・これからの子供達にさせてあげられるのか不安ですね。

さて、暑い暑いと言っている間に8月も半ばを迎えていました。
お料理教室の日程もアップしないままですが、密かにお料理教室も開催されています

12~16日のお盆期間中は、お友達のお店を手伝いに行きますので私は不在です。
オーガニックショップ恵みは通常通りの営業をしておりますので、ご利用下さいませ

後日、8月後半のお料理教室日程をアップさせていただきます
dc081104.jpg 今日も快晴です

“本物”を見極める舌

2009.08.07 11:15|重ね煮お料理教室のこと
5日、恵みにて重ね煮お料理教室“基本の重ね煮ver”でした。

子供さんの離乳食デビューをしたママさんが2人。
大人用の食事と子供さんの離乳食を同時に作れるのも重ね煮の強みです

ママ達はそれぞれ“基本の重ね煮”をアレンジした食事を。
dc030530.jpgdc030524.jpg
dc030516.jpgdc030538.jpg
dc030536.jpg

ちびっ子達は、出来立ての重ね煮をパクパク。
それはそれは、美味しそうに、満面の笑みで食べていました。

大人のように、お世辞や気遣いを知らない子供の反応というのは正直ドキドキします。
美味しければよく食べるし、不味ければイヤイヤをして口を開いてくれない。

目の前の子供が2人も、催促するように口をあけて重ね煮を食べてくれる光景を見て、心の中でガッツポーズをしてました

純粋で敏感な子供の舌は“本物”を見分ける力を持っているのよ、と教えていただいた事があります。

重ね煮を食べ、にっこり微笑んでパチパチと拍手をする子供の姿に「合格」って言ってもらえたような気がしました。
ありがとう
dc080604.jpg


満月です。

2009.08.05 18:02|日々のこと
8月6日 9:55 満月です。

なので、お財布をフリフリする方は今夜(5日)or明日の朝9:54までですよ~

なんだかバタバタのお知らせになってしまいました。
私は、今月宝くじも一緒に振らなきゃ

皆さんの願いが月に届きますように。
Good Luck

藍染め教室

2009.08.05 17:34|日々のこと
2日、陶芸家のしきこさんのお誘いで藍染め教室に参加してきました。
去年は、直前になって都合が悪くなり、泣きのキャンセル
去年の→http://shopmegumi.blog105.fc2.com/blog-entry-119.html

1年越しの初参加でした

初心者のくせに、意気込んでTシャツを7枚も注文し、当日あたふたしましたが・・・。
皆様のおかげで、無事終了。
なかなかの代物ができました

真っ白のTシャツにロウで下絵を描き→5分浸透液(?)に浸し→10分藍に浸け→干し→2分藍に浸け→干し→2分藍に浸け→干し→2分藍に浸け→干し→2分藍に浸け→干し→洗い→酢水に浸け→洗い→干し→アイロンでロウを落とし→熱湯でぐらぐら煮て→洗い→干し。

この工程を7枚
もう、途中で、どれを何分浸けたんだか、何を洗ったんだか、分からなくなります。

写真なんか撮ってる余裕ありません

作業工程は
しきこさん→http://shikikobo.exblog.jp/
虫太郎さん→http://tukinomusi.exblog.jp/
が、しっかりおさえてくれていました

日が暮れ始めた頃から、いろんな人が私のTシャツを洗ったり、干したりしてくれてました。
おかげ様です。
ありがとう

さすがに、陶芸家の集まり。
干しロープにはいろんな窯元の名前がゆらゆら揺れていました。
dc080316.jpgdc080319.jpg
海人(うみんちゅ)ならぬ釜人(かまんちゅ)
本焼きを1250℃でするそうな
dc080320.jpg

私の7枚も、半乾きで無事帰宅。
dc080322.jpg

翌日、それぞれの贈り主の元へ旅立っていきましたとさ

すでに、「来年は私のもお願いね~」と依頼を受けております
窯元の皆さん、器は焼けず、パンか魚くらいしか焼けない私ですが・・・。
来年もぜひ誘って下さいね~

生きて縁を繋ぐ

2009.08.03 11:25|日々のこと
今世紀最大の・・と言われた皆既日食があったり、マヤ歴の上では「時間を外した日」があったり、宇宙的目線で、いろんな意味で“何があってもおかしくない”と言われた7月。

私の日常は特に変わったこともなく、ただただあっという間に通り過ぎて行きました
それはそれはスゴイ勢いで・・・。

そんな7月の最終日、31日。
鹿児島市内にて杉浦貴之さん堀之内哲也さんのコラボイベントに参加してきました。

杉浦さんは以前このブログでも紹介しましたが、28歳で腎臓ガンを患い、余命半年と宣告されてから早9年。
彼自身、同じ病気を克服して生きている人からパワーをもらい、今も生きている。
そんな自分の生き方を見て、現在病気と闘っている人の力になれれば・・と命のバトンを繋いでいます。
dc080308.jpg


「死」を意識したからこそ、彼の書く「生」を綴った詩が胸をうちます。
そして、生かされている命を大切に、最大限に活かした生き方をしなければ・・と再認識させられるのです
ありがとう。

そして、今回杉浦さんの歌を聞きながらインスピレーションで「書」を書くというコラボレーションをしてくれた 「堀之内哲也さん」
dc080302.jpg
なんと、同じ薩摩川内市出身の同級生でした。
学生時代も、どこかで会っていたのかもね・・と話しつつ「いや・・・こんなに迫力のある高校生を忘れるはずがない」と内心思っていました。

彼のパフォーマンスは、見ていて息を止めてしまう程の迫力と神聖さ。
それは、今までの彼自身の生き方が凝縮されて作り上げられる空間なんだろうな~と思います。
dc080303.jpgdc080307.jpg
夢に生きたい
夢で活きたい
夢へ行きたい
そう
心に決めて
腹を決めて
進む
奇跡の出会いが
やってくる
想像を遥かに越えた
つながりに
ありがとう

人生一度
今この時に懸けろ


一日・一日を大切に、丁寧に生きていれば、人と出会い、縁が繋がる。
その出会いが、私を、もしかしたら私の周りにいる人の人生に影響を与える出会いかもしれない。

そう思ったら、外に出て人に出会わずにいられないのです

・・・藍染め教室体験につづく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。