10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

shop megumi

Author:shop megumi
オーガニックショップ恵み
鹿児島県薩摩川内市東郷町斧渕4097
TEL 090-7394-1082
FAX 0996(42)0222
◇メールは こちらまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンセサミ!終了

2010.11.29 13:13|日々のこと
昨日「第1回 オープンセサミ!」無事終了致しました。
ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。

恵みのお客様、お料理教室の皆様のお顔もたくさんお見受けしましたよ~

イベント企画として開催した「重ね煮お料理教室」もたくさんの方に参加して頂きました。
ありがとうございました

これを機に、重ね煮を作ってくれる人が増えてくれたら嬉しいな~と思います。

今回のイベント、実行委員の1人として今年2月から動いていたのですが・・・
開催日当日を迎えるまで、そりゃ~もういろいろ・・・・大変な事もあったので
無事に1日を終えることができた喜びは“ひとしお”でした

今までいろんなイベントに「お客さん」としてお邪魔する事の多かった私。
ひとつのイベントを開催するまでに、どれだけたくさんの人の協力や、苦労があったんだろう・・と、自分が経験してみて初めて知ることの多さ。

今回、イベントを立ち上げた3人の実行委員。
3人が3人とも「もし、1人で立ち上げた企画だったら途中であきらめていたね・・・」と。

それ故に、3人で頑張ってきた、この10ヶ月間という日々や、3人を取り巻くたくさんの仲間たちに感謝・感謝の1日となったのでした

私の唯一の心残りは・・・
たくさんの楽しそうな出展ブースが出ていたのに、調理室に缶詰状態で、そのほとんどを楽しめなかった事~
それから、バタバタしていて写真を撮る余裕が全くなかった事

来場して下さったお客様からは「ありがとう」の言葉をたくさん頂けたので、これはこれで「良し」とします。
今度は「お客さん」として、どこかのイベントに出没せねばっ

張り切りすぎたのか、ホッとしたのか、朝から腰痛気味の私。
今日はおとなしめに生活しようと思います。。。

イベントに関わった下さった全ての皆様。
本当に・本当にありがとうございました


dc112902.jpg

イベント直前、岡山から・近所のおじちゃんから・・・
続々と届いた大量のしいたけ達(・・の一部)

「基本の重ね煮」にはかかせない
しいたけ。

仕込みから、当日の教室まで、頂き物のしいたけに大変助けられました。
ありがとう


スポンサーサイト

@BlueMooncafe

2010.11.25 12:15|日々のこと
すでに先週の事になりましたが・・・

恵みのお客様には“始原画”でおなじみのZAKさんのお店。
垂水市にあるBlueMooncafeへ行って来ました。

鴨池港からフェリーに乗って・・・
dc112105.jpg
フェリーから眺める桜島も綺麗でした。(帰りは爆発してたけど・・・

BlueMooncafeの目の前は「まさかり海岸」
プライベートビーチといっても過言ではない環境
うらやましい・・・
dc112108.jpg
今回の訪問目的は、作家の桐島洋子さんと現代の巫女といわれるアマノコトネさんにお会いする事。

昨年あたりからアマノコトネさんにはお会いする機会が何度かあったのに、いつもタイミングが合わず「う~ん」となっていた私。

今回、ZAKさんの所にお2人がプライベートで来られる・・・という事で声を掛けて頂いた次第です。
「いままでタイミングを外していた理由が、この日の為にあったのか」と思わざるを得ない1日となりました。

女優の桐島かれんさん・エッセイストのノエルさん・写真家のローランドさんの3人の子を持つ母親としての生き方。
「桐島洋子」個人としての生き方。

奇想天外というか、波乱万丈というか・・・
自分の人生を後悔のないように、自分の思うままに生き抜いている姿は「かっこいい女性」そのものでした。

つい、常識にとらわれたり、他人の目を気にしてしまいがちな私にはとても真似できそうにない生き方だったけど。。。

彼女のような生き方が出来たら、いつか自分が死んで神様の元に帰った時、
「与えられた命を十分楽しめましたか?」と神様に尋ねられたら
間違いなく「はい」と答えられるんだろうなぁ・・・と。

子育てに悩んだり、行き詰っている人がいたら「触れて欲しい人」だなぁ・・と思います。
講演会や著書など、彼女に触れるきっかけはたくさんあると思うので

子供は貴重品。

人の子でも、皆で大切に育てるのが日本古来の風習。

子供が老人と暮らすことによって、老人は子供からエネルギーを・子供は老人から知恵をもらう。

日本人としての「折り目・節目」
いただきます・ありがとう・ごめんなさい等の“言霊”はきちんと教えて育てる。

欧米化してきた現代において、風化されつつある「ホントはとても大事な事」
私自身が「親」となるその日まで、大切に覚えておきたいと思います。

当日、集まるべくして集まった人たち。
カフェから眺める最高のサンセットを愛でていたら・・・
dc112111.jpg

出ました・・・
UFO

雲の反射じゃない?とか飛行機じゃない?と言ってましたが、ZAKさんによる確認で
「間違いなくUFOです」と。

初・UFOの私。

お隣で桐島洋子さんが、
「UFO(未確認飛行物体)っていう言語は、世界中どこへいっても存在するの。つまり、UFOが存在するっていう証拠でもあるのよ」とおっしゃっていました。

「これだけのメンバーが集まれば、UFOが来ても不思議じゃないでしょ」というZAKさんの言葉も、妙に説得力ありで・・・。

桐島洋子さん・アマノコトネさんにお会いした記念日は、私にとってUFO記念日ともなったのでした


今週末、薩摩川内市で行われるイベント「オープンセサミ!」に参加するため、準備等々でお店を不在にする事の多い今日この頃ですが。。。

今日は久々、お店でゆっくりした時間を楽しんでします

「私は、日本の夜明けは鹿児島からだと思っているんですよ」とおっしゃっていたアマノコトネさん。
鹿児島という土地で、私にできる事。
ここ、薩摩川内市で近々「小さな夜明け」を迎えられるかもしれません

今日もみんなが生き生きと命輝かせる1日となりますように

ケータリングin玉里温泉

2010.11.22 03:58|日々のこと
日頃、お世話になっている方からのご紹介でケータリングのご依頼を頂きました。

実は、数ヶ月前に湧き上がったお話だったのですが、途中延期やらパーティの趣旨の変更やらありまして。。。
私の意識は数ヶ月前に頂いたお話のままだったので、メニューは「重ね煮を使ったフルコース」のつもり

が、パーティ10日前に主催者の方と最終打ち合わせを行ったところ・・・
・自然食にこだわったメニューでなくてOK
・むしろ、メインはお肉で
・ところで、重ね煮ってどんなものですかね?

といった感じでして
大慌てで頭の中をシフトチェンジ

「重ね煮」を使ったメニューでないのなら、料理人は私じゃない方がいいのでは?
との思いも頭をかすめましたが、「作れる物でいいですよ」と言って頂いたのでとりあえずやってみる事に。

今回ばかりは、私自身「ゆるゆる自然食人間」でよかったな~と思いました。
普段の食生活から、全く肉・魚類を排除していたら
「はて?何を作ればいいのでしょう?」って事になっていたでしょう

1年間を費やした「料理と器」の経験も、とっても役に立ちました
今回も、かなるさん家に駆け込みつつ、なんとかメニューが完成しました。

dc112129.jpg
大豆のからあげや、重ね煮のスープ&キッシュ、玄米珈琲のシフォンなど、“恵み”らしさを取り入れつつ全15品。

2日前から、買出しや仕込みを始めたのですが・・・
なにせ、初めての経験。
寝ても覚めても、料理の事ばかりが頭の中をぐるぐる

ようやくベッドに入っても、当日のシュミレーションやら、おまけに出来上がった料理をひっくり返す・・という悪夢まで見て、結局一睡も出来ず

私って、こんなにプレッシャーに弱い人間だったんだって実感しました。

こりゃ、1人では心配かも・・・と本番当日の2日前になって
「ねぇ・・突然だけど、明後日空いてない?」とお友達のヘルプをお願いする始末
快く、引き受けてくれたお友達にも大感謝です

もし、当日彼女がいなかったら・・・と思うと、
大量の荷物の運搬や、10人分の料理の盛り付けや食器洗いetc・・・
ぞっとします。

そんなこんなで迎えた当日。
最終仕上げを朝4時から始めたものの間に合わず、最後は母に手伝ってもらう・・という一幕もありましたが、なんとか鹿児島市内に向けて出発

予定時刻きっかりに準備が整いました
dc112123.jpg
dc112120.jpg
dc112121.jpg
dc112122.jpg


皆さんが一口めを口にされるまで、心配で心配でなりませんでしたが「美味しいよ~」の言葉にホッとしてすっかり気が抜けてしまった私でした

現場では、お手伝いに来てくれたお友達がスーパー頑張ってくれたので、後片付けまでスッキリ
ホント、持つべきものは「働き者の友」です

今回は、ひとまず自分自身に「合格」を捧げたいと思います。
でも、いつの日か「重ね煮only」でこういう事ができたら嬉しいなぁ

初めてのお仕事を終えて、壁をひとつ乗り越えた気分。
貴重な経験をさせて頂いた事、感謝です


今回、ご依頼を頂いたのは鹿児島市内の玉里温泉さん
先日、リニューアルされました。
dc112125.jpg
お洒落な番台 <右手:男湯 左手:女湯になります
2階が喫茶スペースになっていて、各種お茶会やイベント等で使えます。
(今回は、こちらが会場となりました)
お近くの方、是非

今日も1日、皆がぬくぬく幸せな1日でありますように

満月です

2010.11.20 15:42|ごちゃごちゃいろいろ
「そろそろ湯たんぽを出そうかね~」なんて話していたのに、今日は気持ちのいいポカポカ日和

外を歩く少年は半袖Tシャツを着ていました
太陽が元気のいい日は嬉しいですね
お布団も干したし・・・
夜も楽しみだっ

さて、17・18・19日と3日連続お店を不在にしていました。
目まぐるしく過ぎ去った3日間でして・・・
丸々2日間は、ほぼ寝ていない・・という三十路女には厳しい状況だったのですが、なんとか切り抜け今日を元気に迎えられています

17日の出来事から書いていきましょう
・・と思っていましたが、先ほど「そろそろ満月ですよね?」とメールが来ました。

ホント・・・時間の流れが早すぎます。
ひとり師走状態です

と、いう事で満月のお知らせです

11月22日(月) 2時27分

ボイドタイム 11月22日 2時27分~11月22日 3時45分

お財布フリフリをするのは、満月になる直前が良いとされているので、22日の夜(2時27分になる前)寝る前にするといいですね

“浄化”のエネルギーも強いので、モノを捨てたり、掃除をするのにもgoodです。
22日もお天気がいいといいなぁ

私は、ゆっくりblogを更新する時間が欲しい・・・

今日も明日もみんなの笑顔溢れる1日でありますように

命をつなぐ

2010.11.15 17:45|日々のこと
14日、岡野眞規代さんの講演会に行って来ました。

助産師歴36年。
普通の産婦人科での勤務を経て、吉村医院へ。
今では一般的になっている「医療機関」での出産と、吉村医院のように「畳の上で自然に産む」という出産。
その両面からの目線で「出産」を語られ、とても分かりやすく、ただ単純に「感動」しました

昔は皆、自宅でその時を迎えていた出産。
家族に囲まれ、産婆さんが駆けつけ、自宅の畳の上で新しい命の誕生を祝福する。

しかし、病院での出産が常となった現代、医療従事者に囲まれ、スムーズな出産が困難だと判断すると、切開や促進剤・・・という手段をとる。

お産は本来、「命をつなぐ為の文化」であったはずなのに、「外科」のようになってしまいました、と。

当然、自然なお産をする・・という事には「死」も含まれるのです。
「生」と「死」は隣り合わせ。
だから、母親は命を懸けて出産をする。

吉村医院で出産をした方々のエピソードを交えながら、「命をつなぐ」という事の素晴らしさを話して下さいました。

涙なしには聞けなかったいくつかのエピソード。

「元気に産まれてきてくれるだけでいい」
それが我が子を待ち望む親としての願い

「男の子がいい」とか「女の子がいい」とか「障害を持っていたらイヤだ」とか・・・
それって、「命」を差別しているのと違いますか?
の一言は心に残りました。

日常の中で、多く交わされる会話だったから。

新しい命を授かってからの約10ヶ月間。
いかに、妊婦が幸せに感じ、わくわくして過ごすか。

妊婦が体験している感情は、全てお腹の子供も一緒に体験しているのだから
その為には、周囲の人たちのバックアップも大切なんですよ、と。(←ココは、世の旦那様方にぜひ聞いてほしかった!!お舅さんや、お姑さんもね

以前から、可能ならば自宅出産をしたい・・と思っていた私。
ますます、その想いが強くなりました。

家族や、大切な友人に囲まれて迎える出産の時。
産まれた瞬間からたくさんの人に祝福される赤ちゃん。
考えただけで心強いし、幸せそう

講演会場からの帰り道、一緒に行った友人と
「家で産めたらいいね
「その時は、仕事休んででも立ち会うから
「両親だって元気な時じゃないと、難しくなってくるよね・・・
「・・・んでは、急がねばっ

ってな会話をしましたが、お互いに出産どころか結婚の予定すら。。。。の2人
いつか、この日の会話が現実になればいいなぁ・・・と思いますけどね

そうそう、吉村医院を舞台に河瀬直美監督が撮られた映画「玄牝(げんぴん)」

「公開されたら、絶対に見たい!!」と思っていたものの、鹿児島での上映はなさそうだったので、がっかりしていたのですが・・・。
どうやら、鹿児島でも上映される様子。
講演会では、予告編も見ることが出来たし

いつもスケジュールが合わず、観たいと思った映画も気付けば終わってる・・・
って事の多い私ですが、こればっかりは外さずに観に行きたいと思っています

どうか明日も、みんなの命輝く1日でありますように

女子会

2010.11.13 10:55|日々のこと
「女子会」というネーミングがふさわしいかどうか分かりませんが・・・
先日、かなるさん家でしきこさんとお昼をご馳走になりました。

「料理と器」の本作りメンバーです。
時々、かなるさんがこうやって「うちで定例会しよ~」とごはんに誘ってくれます。

職業も年齢も生活環境もバラバラのこの3人で共有する時間が、私には居心地よく・・・。
他愛のない話をしながら、自分の日常を振り返ったり、触発されたりと、リラックスしつつも刺激的なひとときです

すっかり甘えて、12時ギリギリにお邪魔した私
(ちょっとは手伝えよ・・・って感じですが

朝から1人で作ってくれたごはんたち。
食べる前に写真に収めておこう・・と思ったら、まさかのバッテリー切れ

携帯写メで何とか1枚だけ
dc111301.jpg
その他諸々のお料理は、しきこさんが撮ってくれてましたのでコチラでご覧下さい
品数たくさんだったので、2回にわたって載ってます。
全部、お腹に納めてしまった自分の胃袋が怖い

さて、今日はお店で細々としたお仕事頑張ります。
明日は「いいお産の日」イベント。

出産って、私にとってはまだまだ「身近」ではないけれど、女性として産まれたからには、いつの日かご縁のある出来事かも。
以前から楽しみにしていた、吉村医院・お産の家/元婦長・岡野眞規代さんのお話を聴いてきます

今日もみんなが笑顔溢れる1日となりますように

弾む♪

2010.11.10 10:58|重ね煮お料理教室のこと
昨日、鹿児島市にてお料理教室&ケータリングの打ち合わせでした。

※HPの方に11月のお料理教室日程をアップできずに10日も経ってしまいました。
 ごめんなさい
 11月~1月はイベントや打ち合わせが立て込んでおりまして、教室日程を立てられずにいる現状です。
 直接お問い合わせフォームよりメールを頂いた方には順次、教室開催可能日をご連絡させていただいていますのでご了承下さい。


今回、主催者の方が準備して下さった会場は、初めて使わせていただく場所でした。
駐車場で待ち合わせをして3Fにある調理室へ。

調理室を目の前にした途端「わぁ~」と声を上げてしまいましたよ

めちゃめちゃ綺麗な調理室。
お洒落な調理台。
壁一面、全てが食器棚で1000枚は軽くあるであろう食器たち。
滅菌BOXに収納されている包丁&まな板。

そして、廊下側は全面ガラス張り・・・

どこぞのキッチンスタジオのようでした

私なんかがこんな素敵な所を使っていいのかしら?と恐縮してしまうほど。。。
これが、市の施設というのですから・・さすが鹿児島市です

お料理教室は「以前から重ね煮に興味があったんです」という方から「初めてです」という方まで様々。
オーガニックカフェのキッチンスタッフの方も参加して下さり・・・。
お料理教室を初めて4年目。
ここまで来て、私の中で大きな扉がひとつ開いた気がしました。

“自然食”や“重ね煮”を全く初めて経験される方に、その「良さ」をお伝えする楽しさ

逆に、すでに学ばれている方・経験のある方へ「更なる情報を提供する」という緊張感。
自分自身が学ばなければ、その先には行けないな・・・という事を実感しました。

ひとつ扉を開けた、その向こうにどんな学びや出会いが待っているのか。
ますます楽しくなりそうです
dc111001.jpg
教室終了後、皆さんが帰られたあとで。。。
柔らかな陽射しが差し込む、素敵な空間でした

参加して下さった皆様、ありがとうございました。

今日も、みんなが笑顔で過ごせる1日でありますように

jazzy night♪

2010.11.07 22:00|日々のこと
昨夜、伊集院にあるカフェragtimeさんにて、jazzライブでした。
dc110701.jpg
最近、気になっていたカフェ、そして最近気になっていたpiano奏者の出演。
「これは行くしかないでしょう!!」
という事で、早速“オト”を楽しむ事が大好きなお友達を誘って行って来ました。

カフェでjazzライブといえば「お酒やおつまみを楽しみながらゆっくり音楽を楽しむ」と思っていた私たちは甘かった!
会場にはぎっしり並べられた椅子。
食事なんてとんでもない

到着した時は空席もまばらで、すでに後ろの方
「ステージ、あんまり見えないねでも、オトを楽しみに来たんだし
なんて話していたら、なんと最前列に見覚えのある人影を発見

陶芸家のしきこさんのご縁で知り合った虫太郎さんkeiさん(お2人とも陶芸家さん)でした。

ライブ開始前に「お久しぶりです」のご挨拶をして
「最前列、かぶりつきですね」なんて羨ましがっていたら・・・

中盤の休憩時間にお2人が後ろの席までやってきてくれて
「後半は、席代わってあげるよ一番前で聴くと、全然違うよ~」と。

「そんな・・そんな・・」と恐縮しつつ、私も友達も笑顔全開
結局、「ありがとうございます
と、お言葉に甘え後半からアンコールまで、最前列で堪能させてもらいました。

せっかくゲットした良席を、さらりと人に譲ってしまえる大人ゴコロ。。。
真似したいな~と思いました。

久々に楽しんだjazzライブ
やはり、生はいいですね。
“オト”の振動がカラダを通って、ココロまで響く感じがたまりません。

まさに至福の時。
昔から、なぜか男性が奏でるピアノとサックスの音色に弱い私なのですが・・・。
今回も、あやうくホロリと泣きそうになりました
まったく、ミュージシャンとは罪つくりな職業です

ライブ終了後、空腹の私たちは「ごはん、食べていきなさい」のkeiさんのお言葉に甘え、keiさんのご自宅へ。

そこで待っていたのは虫太郎さんの奥様とkeiさんのご主人。
2組の陶芸家ご夫婦と、席を譲って頂いた上に、晩御飯までご馳走になる私と友人

振り返ってみると、なんだか不思議な組み合わせですが・・・。
ホントにご縁に恵まれた、ありがたい夜でした

いつか、ちゃんと恩返しできますように

明日もみんなが笑顔溢れる1日でありますように

11月6日 蠍座の新月です

2010.11.05 11:37|ごちゃごちゃいろいろ
ついに今年もあと2ヶ月ですね。
年内に予定しているスケジュールを見ると、楽しみでもあり「早く全てを終わらせて、まっさらな状態で2011年を迎えたいっ」という心境でもあります。

さて、早いもので、明日は新月です。
私は明日の夜、久々に会うお友達と伊集院のカフェへjazzライブを聴きに行って来ます
新月の夜に、ゆっくりとココロとからだを休める癒しの時間・・・
こんな日々に、感謝です

11月6日(土)13時52分 蠍座の新月

願うタイミング
 ・基本的には、新月直後~48時間以内
   11月6日13時52分~11月8日13時51分

 ・強いパワーが働くのは新月直後~8時間以内
   11月6日13時52分~11月6日21時51分

 ・この48時間の間で、気をつけたほうが良い時間帯「ヴォイドタイム」は、
   11月7日12時44分~11月7日17時35分 
  
   
蠍座の新月に実現しやすい願いごとキーワード
 力づける、変化、
 危機管理能力、自制心、
 セックスパートナー、ソウルメイト、
 財務協力、権力闘争の回避

  ・・・など。

主な願い事カテゴリ
 ・個人の力を強化するための願いごと
 ・変化・変容を促す願いごと
 ・危機下のストレスを緩和する願いごと
 ・自制心を促す願いごと
 ・絆を強める願いごと
 ・財務協力をスムーズにする願いごと
 ・権力の乱用を解き放つ願いごと


関連のある身体の部分・症状
 直腸、結腸、
 膀胱その他の排泄器官、
 月経前症候群と生理、
 性病、性器
                             参照:新月のソウルメイキング
                                     ジャン:スピラー著


             

皆様の願いが月に届きますように・・・
Good Luck
 

ヨモギと可愛山陵とふくれ菓子

2010.11.02 17:20|日々のこと
今朝、目が覚めた瞬間「フラッ」とめまいが・・・。
まだ起き上がってないのに?

「ベッドに寝たまま、貧血で倒れる」という何とも効率のいい倒れ方をしまして
起こしに来た母にその旨伝え、そのままお昼まで眠らせてもらいました。

健康管理には気をつけているつもりでしたが、元来強い方ではないので無理が利きませんね
時々、こうやって自分の弱さを知ると、普段の健康な状態がとてもありがたい事に思えます。

12時ぴったりにスッキリと目覚め、お昼ごはんも美味しく頂き、午後からは元気よくヨモギ摘みに行って来ました
dc110201.jpg
明日は久しぶりに「よもぎオイル作り」
冬、ハンドクリーム代わりに使われる方が多いようで・・・
「まだ作らないの?」とご要望を頂きました

4日には、恵みに並びます


毎月、1日には神社参りをしようと母と約束をしておりまして。。
昨日は「新田神社」と「可愛山陵」に行って来ました。

神代三山陵の1つとして、大切にされている可愛山陵
「パワースポット」としても知られており、県外からもわざわざ参りに来られる方もいるというのに・・・

こんなに近くに住んでいて、まだ1度も訪れた事のない場所でした。
dc110203.jpg
これと言って「特別に」何かかある訳ではないのですが、何だかとっても神秘的な空間でした。
dc110202.jpg
ニニギノミコトの墳墓と指定され、宮内庁の直轄で管理されています。

「宮内庁」ってやっぱ、文字だけでもなんだか貫禄があるなぁ
これからは、県外のお客様をお連れ出来ます


そして、今日のおやつ。
鹿児島の郷土菓子「ふくれ菓子」
dc1102011.jpg

私が作るお菓子レパートリーの中でも、老若男女問わず喜ばれるおやつです。
やはり、おやつもシンプル イズ ベストなのでしょうね。

明日も、みんなが当たり前の事を喜べる1日でありますように
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。