06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

shop megumi

Author:shop megumi
オーガニックショップ恵み
鹿児島県薩摩川内市東郷町斧渕4097
TEL 090-7394-1082
FAX 0996(42)0222
◇メールは こちらまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月7日 想いをあらたに

2011.07.28 12:17|日々のこと
8月7日(日) め組JAPAN鹿児島チーム主催にて
「震災から150日を迎えて」と題した現地支援の報告会を行います。

昼の部:サンエールかごしま 14時~16時
夜の部:ダイエー・キャンセ7階 第1会議室 18時半~20時半

※参加費は無料です。
め組報告会チラシ


東北支援の活動を始めて4ヶ月が過ぎました。
私の周りの状況も、もちろん私自身も4ヶ月前とは変わってきました。

やはり、被災地へ向ける意識が薄くなってきているような気がします。
メディアが伝える情報も、少し視点がずれてきました。
被災地の現状というよりは、国や電力会社への批判の数々・・・。

本当に目を向けて欲しい人たちの事が取り残されている気がしています。

被災地へ行って支援をしてきた方が言います。
鹿児島から来ました。というと「そんなに遠くの人たちは、もう地震の事は忘れてしまっているでしょうか」と言葉をかけられた、と。

「忘れていません。日本中がみなさんの事を考えています。安心してください」と言葉を返したものの、その方の目はとても悲しそうだった、と。

被災地の状況はまだまだ悲惨なのに、世の中は日々目まぐるしく移り変わり、もう世間からは忘れられてしまったのではないか?と不安に思う気持ち。

だからこそ、現地で直接支援をしてきた「め組」のメンバーの生の声を聞きに来て欲しいと思います。
まだまだ私たちにできる事はあるはずです。

是非、お時間とって足を運んでいただきたいと思います。

日本中が笑顔になれる日を願って・・・
スポンサーサイト

今年の夏は・・・

2011.07.22 15:40|日々のこと
毎日暑いですね。

ついに来週末に迫った親友の結婚式を前に、なんだかそわそわしてしまっている今日この頃です
同級生の彼女とはこの10年、プライベートの多くを共に過ごし、世話焼きのおじ様&おば様方からは
「いーっつも、そげん一緒におれば男はできんど~!」とハッパをかけられ・・・

このまま2人で独身貴族を全うするのかしら?なんて思っていた矢先・・・
相方、まさかのスピード婚

ついに、仲間内では「最後の独身者」となってしまいました

いやはや、人生何が起きるか分らないものです。

彼女と一緒に経験したいろんなことを思い出しながら、祝辞をしたためる1週間となりそうです


今年の夏、これまでと違っていろいろとおかしいです。。。

セミが鳴きません
例年なら「静かにしてくれ~!!」と言いたくなるほどの大合唱をしている頃なのですが、今年は静かなものです。
どこへ行ったのでしょう?

SEEDS OF HOPEプロジェクトで植えたヒマワリの種。
残念ながら長雨のせいで、ほとんどがダメになってしまったのですが・・・

なぜか、種を植えた記憶のない場所から立派なヒマワリが
ひまわり1

だって、こんな場所にひとつだけ。
種まいてないよ?
ひまわり2
雨で流れた種が根付いたのかなぁ?

小学校の理科の授業で、「ヒマワリは常に太陽の動きに合わせて花の向きを変えます」と習った記憶があるのだけど。

このヒマワリ、1日中南を向いています。
ひまわり3
ちなみに先ほどの「流れヒマワリ」は1日中北を向いています。

花も育てる人に似て、方向音痴になるのかしら?


鉢にも植えた、たくさんのヒマワリ。

種類の違う芽が出てきたな~と思っていたのだけど、そのまま成長を見守る事に。
新種かしら?
どんな花が咲くのかしら?

楽しみにしていたら、鉢をみた農学部に通う大学生が。。。
「めぐみさん、コレみかんの葉っぱですよ」と
みかん

みかん???
植えてないし・・・。

摩訶不思議だけど、まぁいいや。
それなら、大きな鉢に植え替えてあげないとね~。

不思議な夏の始まりです
みなさん、お体には気をつけて

open saseme!2

2011.07.15 18:20|日々のこと
昨年、薩摩川内市で開催しましたopen saseme!

当日はたくさんのお客様に足を運んでいただき、スタッフ共々喜び&ほっ・・とした1日でした。

早いもので、あれから半年が過ぎました

オープン・セサミ!実行委員会は、第2回目の開催に向けて、すでに動き始めていますよ

今年は11月6日(日) 県立北薩広域公園にて

昨年は屋内の会場だったので、断念せざるを得なかった「木登り体験」
今年はど~してもやりたい!!という実行委員の熱い思いで、「木のある会場」を探しました

入口から長~い上り坂の両側にはキレイに手入れされた芝生があります。
北薩6
この芝生にキルトを敷いて、出展するもよし

坂の途中にある茶屋も素敵な雰囲気。
北薩1
茶屋の庭にテントやパラソルを張って出展するもよし

中は温かみのある畳のお部屋です。
北薩5

去年のオープン・セサミ!では重ね煮のお料理教室をした「恵み」は今回、ガス台&カウンターのある茶屋で・・・
1day 重ね煮カフェを計画中。
北薩2
メニュー等は、まだ検討中ですが、遊びに来られたお客様や出展者さん達が手軽に食べれる「ワンコイン自然食ランチ」にしようかと

玄米珈琲や自家製梅サワーも持っていこうかな~

第2回オープン・セサミ! 只今、出展者さん大募集中です!
詳細&お申し込みは→http://opensesame.chesuto.jp/


長い梅雨の影響で、ほとんど壊滅状態だった恵みのヒマワリ
会場下見に行った北薩広域公園には、元気なヒマワリが咲き始めていました。
北薩4
みんな笑顔になぁ~れ

1歩前進

2011.07.11 15:43|日々のこと
め組JAPAN鹿児島チームの報告会や、お店のお客様にたくさん協力していただいた
日本人の夢 送電線の国有化を願う!1000万人の署名
http://maketheheaven.com/japandream/

たくさんのご協力ありがとうございました。

今まで、数々の分野で自分の心が「YES」と言ったものに関しては積極的に署名活動をしてきました。
しかし、たくさんの署名が集まったからといって、それが現実化したケースは稀です。

「署名なんて全く意味がない」と名言されたお偉方もいらっしゃいました

町議・市議・県議と名のつく「議員さん」方の一言は、その何百倍の数の一市民の声の代弁だそうで・・・。
大勢の一般市民が声を枯らして訴えるよりも、たった一人の議員さんの一言の方が効力があったりする訳で。
歯がゆい思いをした事もあります。

そんな中。。。

たくさんの想いを乗せた「送電線 国有化の署名」
国会議員さん達へ届きました

送電線の国有化→脱原発→自然エネルギーへのシフトへの一歩になれば嬉しいな~

以下、てんつくマン7/8メルマガ~思いは届けてきたで!の巻~より抜粋


さてさて、昨日の報告!

まずは、国会での初めての田中優さんの講演会!

もう、すばらしかった。

民主党の姫井ゆみこさんの司会から始まり、おいらもちょっと挨拶させてもらった。

昨日の講演は日本のエネルギーシフトの話。

まずは、自然エネルギーの前に省エネ。

その為の仕組みの話。

次に新エネルギーはこんなにもありますよ

そして、組み合わせたらこんなにも電気が生まれますよ!

っていう話。

でも一番大事なのは送電線の電力会社の独占をやめさせること。

まず大事なのは発送電の分離の前に送電線をとりあげないといけない。

つまり、一回、国有化が必要という話をしてくれてん。

もう、お見事!


新党日本の田中康夫さん、みんなの党の川田龍平君、民主党の高井崇志君、福田えり子さん、玉置公良さん、田城郁さん、他にもいろんな議員さんや秘書さんが来てくれはった。

途中、社民党の福島みずほさんも水色のスーツで。

自民党の河野太郎さんの事務所も今回はこれなかったけど、挨拶をしにいったら、秘書さんはめっちゃ素敵な人で今後、ぜひ、一緒になにかをやりたいと思ったわ。

党を超えていろんな方が来てくれたのがありがたかった。


優さんの講演を聴いた議員さんの感想がまた良かった。

「この講演は国会議員みんなに聞いてほしい話だった」

「まさしく、みんなの党がやりたいことでこのまま政策にしたいところです」

「私たちの部署でもすでにスマートグリッドを進めていて現実にしていきましょう」

などなど、感想を聞いててめっちゃわくわくした。

そして、その後!


みなさんの思いを経済産業大臣政務官の中山義活さんに渡してきました~。


正直言って、中山さんめっちゃ良かった。

やっぱりいろんなところから、送電線の話は来ているらしく、中山さんは

「まずは省エネ、次に自然エネルギーや他のエネルギー、最後の最後に足らない時には原発。」

「だから、いかに、省エネを出来るか、自然エネルギーを広めれるか、違うエネルギーをひろげれるかがキーだと思う」

っておっしゃってん。

「今までの経済産業省のイメージは電力会社とずぶずぶの関係でなにがなんでも原発だと思ってましたが?」

って聞いたら

「もう、あの原発事故によってそういう時代じゃなくなったでしょう」

って答えはった。

中山さんははぎれのいい人で、しゃべっていてこの人は大臣になるなって思った。

海江田さんが辞任をちらつかせたから、おそらく次はこの人でしょう。

途中、爆弾発言も飛び出して、みんなで笑ってしまったけど、こういう人が国を動かしていることでワクワクが広がった。

また、姫井さんのおかげで政務官室まで署名が飾られた竹を持っていけたのも良かった~。

写真はアメブロでアップするので見てちょうだい。

http://ameblo.jp/tentsuku-man/

今まで田中優さんの講演を聴きながら、なんでこんなことを国会議員が知らんのやろうって思ってた。

理由は分かった。

優さんと国会議員さんをつなげる人がいなかったんやってこと。

でも今回、姫井さんのおかげで出来た。

これからも姫井さんと一緒にいろんな人を国会議員さんに紹介していきたい。

今、福島でやっているプールの除洗作業がうまくいったら、国会議員のみなさんに聞いてもらう。

そしたら、まじですごいことが起こるはず!

いやぁまたまた人生が楽しくなってきた。

政務官も言ってたけど、こうやって声を届けてくれるのがありがたい。

って。

そして、ある議員さんが言ってた。

「電力会社にとって、送電線をとりあげられることが一番致命的だ。

だから、そう簡単にはできないと思うし、それが出来たら奇跡だと思う。でも、みんなの声を僕たちに届けてほしい。そしたら出来るかもしれない」

送電線の国有化を願う1000万人の署名は今、163.254名。

これからも続けていきます。

署名の用紙やホームページをいろいろ変更するまでもう少々、お待ち下さい。

次は100万署名が集まったら持っていくからね。

今回、確かに一ヶ月で16万も集まったのはすごい。

でも、もっと伸びなかったのは都道府県をつないでくれるツナギーさん達が全都道府県に生まれなかったこともあると思う。

これからもやっていくのでぜひ、都道府県ツナギーさんや、いろんなジャンルのツナギーさんになって下さい!

待ってます!



署名、まだまだ続きます!
内容をよく読んで、理解して、これからの日本にとって、未来の子供達にとって必要な事だと願うなら・・・
ぜひ署名をお願いします
http://maketheheaven.com/japandream/

そうそう!
次に「おかん」が鹿児島に来る時は絶対教えてください!!という方がたくさんいましたので、ご報告
8月26日(金)おかんin霧島ですよ~


霧島からワッキーこと脇元たかしです。
今回、新燃岳の麓、鹿児島県霧島市において、過去、現在、未来のエネルギーを学び、そして今後の我々の生き方を提案する、新しいタイプのイベントを企画してます。

合宿参加の詳細は決まり次第当メルマガで連絡します。

おかんは参加決定。

そこで今回の参加者500人の方々が明日からの生活へ活かすために、現在九州内で新エネルギーの開発研究を行っている企業、団体、プロジェクトや、現在新しいスタイルのエコ活動を行っている企業、団体、飲食店等に来て頂いて、楽しく商品や取り組みの発表をしてもらえたらと考えています。

原則発表されるグループの方は自費参加、または有料で会場でのパンフ配布、企業紹介等を検討しています。

ご興味があるグループの方はこちらまで連絡ください。

チーム絆 担当 竹下直樹 wonderful_world_coffee@yahoo.co.jp


8月は楽しみがいっぱい
わくわく

hug earth・・・

生まれてきた奇跡

2011.07.05 15:37|日々のこと
映画「玄牝」と「うまれる」の2本を観て来ました。
「玄牝」 http://www.genpin.net/

「うまれる」 http://umareru.jp/
うまれる
愛知県岡崎市にある吉村医院院長 吉村正先生と「ここで産みたい」と強い意志を持って集まる妊婦さんたち。
臨月の妊婦さんたちが山登りをしたり、薪割りをしたりする光景はTVの特集などで何度か放送されているので、ご存知の方も多いと思います。

「自分の力で産む」ということ。
「自然なお産をする」ということ。
「母は命がけで私をこの世に生み出してくれた」ということ。

いろんな事を感じました。

新しく生まれてくる兄弟の誕生の瞬間を見守る幼いお兄ちゃん。
誕生の瞬間、彼の目からは涙が零れ落ちていました。

誰一人「出産は尊いものだよ」と教えなくても、彼は全身でその意味を感じ取っていたんだろうな~って思います。


一方、監督はじめスタッフに男性が多く携わっている・・と聞いていた「うまれる」
4組の夫婦を通して見えてくる「出産」

出産って、私自身はまだ未経験の出来事で、これから経験するのかどうかさえ分らない事。
ただひとつ。

母は命がけで私を産んでくれたんだな~ってこと。

私がこの両親を選んで生まれてきたんだ、ってこと。
↑この選択は間違っていなかった、と自負できる私

ただ、劇中に出てくる女性の想いは痛みを伴うものでした。
この女性は不妊治療で有名なクリニックに勤務しつつ、自らも9年間の不妊治療を受けるも、今は「子供のいない人生」を受け入れた方。

「クリニックには中絶を希望する患者さんも来られる。
 子供が親を選んで生まれてくるのなら、どうしてお腹の中で殺されると分ってそこに宿るのだろう?」と。

奇跡的に子宮の中に宿った命を、親も子供自身も大切に大切に守り抜いてほしいな~と思います。

出産というテーマは、誰もが身近にありながら、捉え方は十人十色。

いずれ私が母となる時が来るとしたら・・・
その時は一番近くにいてくれる人ともう一度一緒にこの映画を見てみたいな・・・
そう思わせてくれる映画でした。

今のところは、この命を育み、守ってくれた両親に感謝




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。