08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

shop megumi

Author:shop megumi
オーガニックショップ恵み
鹿児島県薩摩川内市東郷町斧渕4097
TEL 090-7394-1082
FAX 0996(42)0222
◇メールは こちらまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北九州後記

2011.09.29 10:40|日々のこと
叔父の葬儀の後、帰鹿する家族・親戚と別れ、ひとり小倉のホテルへと移動しました。
目的は、西日本陶磁器フェア&水玉食堂

お友達のしきこさんが、初めて鹿児島県を飛び出して作品を出展する・・という事で、その活躍ぶりを応援しに行く為、数ヶ月前から予定を立てていたのです。

会場になる北九州といえば、私が育った懐かしい街。
そして、そんな懐かしい街で友人2人がこの6月から食堂をオープンさせているのです。

「昭和の台所」をイメージした食堂を始めるにあたって、1年前には鹿児島にも「懐かしい食器」を求めてやってきたのでした。

しきこさんの器を出展する会場と、水玉食堂は徒歩圏内
これは、もう行くしかないでしょう
・・・ってことで、運転手を買って出てくれたお友達とのプチ旅行計画でした。

出発予定日の2日前。
大好きな叔父の訃報。
一刻も早く駆けつけようと、母と飛び乗った新幹線

行き先は北九州。。。

もし、叔父が星になる日が1日違っていたら・・。
もし、陶芸展の会場が北九州じゃなかったら・・。
もし、水玉食堂の場所が小倉じゃなかったら・・。

全てを叶える事はできなかったかもしれない旅行計画。

なんか、すごい5日間だったな~

バタバタと出発したので、いろいろと持ち物に不備があり
大事なカメラを忘れ
最終日に着る服がなく、現地調達
なのに、下着は余る・・・というトンチンカンぶり

観たいもの・食べたいもの・行きたいところ、全て網羅して帰ってきました。
おかげさまで筋肉痛です

西日本陶磁器フェスタや水玉食堂の様子はしきこさんブログにて
http://shikikobo.exblog.jp/
水玉食堂ブログ
http://mizutamasyokudou.cocolog-nifty.com/blog/
北九州地方の皆様、どうぞごひいきに

今日もニコニコで過ごせる1日でありますように
スポンサーサイト

久しぶりの鹿児島

2011.09.26 16:56|日々のこと
何のお知らせもしないまま、5日間ほど店を不在にしてしまいました。
お迷惑をおかけした皆様、ごめんなさい

子供の頃から15年間暮らした北九州で、私をとってもとっても可愛がってくれていた叔父が長い闘病生活の末、ついに星になってしまいました。
ALSという100万人に1人とも言われる難病でしたが、本当に最後の最後まで頑張ってくれました。

自宅での仮通夜の間、冷たくなってしまった叔父の手を握り、頬を寄せ合って添い寝をしてきました。

前職は老人介護の仕事していたので、ご遺体と向き合う機会は多かったのですが、とても出来なかった行為。

お腹の上にドライアイスをいっぱい乗せられた叔父の身体はとっても冷たかったけれど、眠っているような顔も、スベスベの手のひらも、愛おしくて、触れられる時間が許されている限り、少しでも触れていたい・・・と思ってしまいました。

他人には覚えなかった感情に、「血縁」という絆の深さを感じる夜でした。

3日間に渡り、御通夜と葬儀を終え北九州にあと2泊。
・・・の話はまた次回

取り急ぎ、鹿児島に帰ってきました~
のご報告でした。

10月・11月のお料理教室日程も、お店に設置完了です

届きました!

2011.09.14 17:35|日々のこと
先程、め組JAPAN本部にいるみゆきさんよりがありました。

「カード、ばっちり届いたよ~ありがとう」と。

たくさんの人の協力で集まったカードたち。
敬老1
ど~んと宮城に送りました。
敬老2
今後、め組本部の方で「鹿児島より届きました」と小さな説明書をつけて、仮設にいらっしゃるお年寄りに配って頂けるそうです。

カードを手にした方が、誰かひとりでも笑顔になってくれたら嬉しいですね
ご協力して頂いた皆様、ありがとうございました。


今日はお店に来られるお客様と、子供の給食や普段の食卓で口にするものの話をする事が多い日でした。

子供は自分で食べるものを選べないから親の責任として、安全なものを食べさせてあげないといけないよね・・って話を1日中していた気がします。

お客様がひと段落した時、ようやくパソコンを立ち上げ、縁のあったブログです。
今日1日の私とお客様の会話を総まとめにしたような記事でした。

お母様方にはぜひ読んで頂きたいと思います。
http://kaihoya.blog53.fc2.com/blog-entry-226.html

不安のない日常が戻ってきますように・・・

月読神社

2011.09.12 10:42|日々のこと
桜島にある「月読神社」へ行って来ました。

「呼ばれる」ってこういう感覚なのかな~とか思いながら・・・。

数年前から「行ってみたいな~」と思ってはいたものの、鹿児島県民といえども「桜島」へ足を運ぶ機会はなかなか無く

でも、今月に入り“どーしても行きたい欲”が沸き起こり、夕方からの参拝となりましたがようやく行く事ができました。
dc091202.jpg
何かを特に「感じる」とかではないのですが、私自身は「やっと来れた」というホッとした感情に浸っておりました。

連日の桜島の噴火で辺りは火山灰がザクザク

敷地内にある展望台に登ると、夕日が空を染めていました。
dc091203.jpg
何?この空は???
一面の夕日に、誰かが消しゴムで線を引いたような空。

一緒に居た友人は「朝日新聞の旗みたい!」と言っていましたが・・・

なんでこんな事になるんだろう?

神社を後にする頃にはすっかり暗くなってしまい、満月まであとちょっと・・・というお月様をカメラに収めたら、何回シャッターを切っても、無数のたまゆらが
dc091206.jpg
なんともワクワクする夜となりました。


月読神社参拝をしたくてウズウズしていた理由のひとつ。
dc091211.jpg
お店に来られたお客様やお料理教室の後に、お遊び感覚で使っている「日本の神様カード」
48枚のカードにそれぞれの神様からのメッセージがあるのですが・・・

今月に入り、この「月読命(つくよみのみこと)」のカードをひく人の多いこと

あなたも?またあなたも?って感じだったのです。

そんな訳で、カードをひいた皆さんの顔を思い浮かべながら参拝してきました。

み~んなが守られますように

今日も良い一日を・・・

そろそろ集めま~す

2011.09.08 14:03|日々のこと
Emiちゃんに100枚作ってもらった「東北のおじい・おばあへの敬老の日ポストカード」
dc081806.jpg
恵みから99枚が巣立っていきました。(私が1枚

小さな子供から大人の方まで、様々な方からのメッセージが届き始めています。
鹿児島からも、こんな形で応援できるんだな~ってあらためて思いました。

このカードを手にされる100名のお年寄りが、ほんの一瞬でも笑顔になってくれたら嬉しいな

恵みで取りまとめて、め組ジャパンの本部がある登米市へ送ります。
ちゃんと敬老の日に間に合うように、10日を締め切りとさせて頂いています。

まだお手持ちの方は、そろそろ恵みへの発送をお願いしますね~

子ども達と地球の未来を守る会

2011.09.06 11:26|日々のこと
これまでに恵みのお客様も、始原画などでご縁のある方も多いZAKさんよりメッセージです。
長文ですが、最後まで読んでいただきたいと思います。
そして、賛同して下さる方はZAKさんへご連絡下さい。
ZAKさんブログ→http://ameblo.jp/zakmoon/
以下、ZAKさんブログより転載


これまで、ず~と個人で
自然・戦争・地球・原発・飢餓・次元
の話しをする活動をしてきました。

なんだかんだで20年以上そういう感じでやってきました。

ネット上では、このmixiを通じて
何年も前からやってきました。

マイミクの皆さんには、ご記憶にもあるかと思いますが
3・11直後に垂水市長に直接話しをしに行き
福島の子ども達の「学童疎開地」に
最近まで使っていて、統廃合のために空いている
学校(垂水市だけでも、かなりの数がある)を
提供していただき、そのことを全国市長会などを通じて
福島へ伝えて欲しいと、嘆願しました。

結果は、「森の駅で10組くらいなら受け入れられる」

そんなもんじゃダメなんです!
学校規模で避難させないと!

その後も、何度も何度も市長にメールをしました。

原発のこと、放射能のこと、他県での受入れの状態、などなど

返事が来たのは、1回
「いつも情報ありがとうございます」

お礼なんか、言って欲しいんじゃないんです!
行動を起こして欲しい!

自分の力が弱いがために、被曝を最小限で回避できたかもしれない
福島や放射線量の多い地域の子ども達が、何十万人も居ると思うと
・・・。
おなかに子を宿しているお母さんたちが、大勢居るという事も
含めて、悔しくてならない。

市長も「また、メールが来た・・・。」と
「右翼」か「左翼」のような活動家のような感覚で、見ているのかもしれない。

数ヶ月前、BlueMoonで開催した「地球學校」の案内も
1位当選した市会議員にもした。
当日になって本人からの電話
「急に風邪をひいて、行けなくなりました。」

政治家だとも思っていない地方行政でもこのありさまだから
大元の国政などもっと酷いのは、当然だと思っている。

今現在も、国は酷いことを平気でやっているのは
ちゃんと知ろうとしている方なら、お分かりだと思います。

「セメントに高線量の灰を混ぜよと指示」「肥料に高線量の汚染物質を混ぜろと指示」「食品の線量暫定基準値は、放射性廃棄物レベルでも流通許可」
などなど、数え上げればキリがありません。

そんなものが、全国に出回っています
ですから、全国どこにいても「あなたも、子ども達も常に被曝するのです」

簡易に放射能の存在を視認できる物質も、すでにありますが
(シンチレックスやフクシマプレートなど)

恐らく、圧力がかかってなかなか市販には及ばないでしょう。
なぜなら、そんなものが普及すれば
スーパーなどは、パニックになるでしょうし営業もままならなくなってしまい、食品売り場はガラ~ンとなってしまうからです。

海外の基準値では「放射性廃棄物」として厳重処分される放射線量の
野菜や加工品が、日本では普通にスーパーに並んでいるのですから。

放射能は「目に見えません・匂いもしません・味もしません」
そして、すぐには「死にません」

しかし、京都大学原子炉実験所の小出先生の言葉を借りるならば
「3・11以降世界は変わってしまったのです。それ以前のような生き方は今後は出来ないのです。放射能と言うものは、基準値などあってはならないものなのです。どんなに微量であっても危険なものなのです。」

今後は「学校給食」「家庭での食事」「外食」
いままで通りには、いかないと思わなければならないのです。

ここまで読んでいただいて
「ZAK、お前は心配しすぎなんだよ!大げさなんだよ!」と
思う方は、それで構いません。

しかし、あなたが親であって子どもにご飯を作る立場であるならば
赤ちゃんにお乳を飲ませるのであれば
「子どもの命を守る責任があることを、忘れないで下さい。」

母親が食品などによる「内部被曝」をしていれば
母乳は、生体内濃縮をされた放射性物質です。

粉ミルクを飲ませれば「乳加工品は生産地表示義務もなく、原発から出る排水の放射能基準値よりも高い汚染値でも、日本は基準値以下で安全です」と言っているのです。

『そんなこと言ってたら、何にも食べられないじゃないか!』

そうですよ。

人類史上最悪の事故が、ここ日本で現在進行形で起こっている最中なんですから。(非常に酷な言い方ですけど)

ですから、今後は今までのような生き方は出来ないのです。

自分がちゃんと生き、子ども達をちゃんと生かしてあげたいのなら
「ちゃんと、知る!」これしかありません。

ここまで読んでいただいた、あなたに感謝いたします。

やっと本題です!

個人で動いていては、力が足りません。
学校給食などにも、警告を発しなければなりません
個人活動では、まともに話しも聴いてもらえないでしょう。

ですから『子ども達と地球の未来を守る会』を発足いたします!

信頼できる専門家に来ていただいたりも必要になるでしょう。

本気で動きます!(今までも本気ですけど)

ご賛同いただける方は、メッセージかメール・または直接申し出て下さいませ。

勿論、会費などは一切必要ありません。

既存の同趣旨の団体との同盟もOKですので、お知らせ下さい。

専門家に来ていただく場合などや、会場を借りる場合などに
少しご協力いただくことは、あるかもしれません。

■お名前
■ご住所
■メールアドレス(あればパソコンのもの)
■職業(無職の場合は主婦などでも構いません)


★必要ならば【スーツも着る覚悟です!

出来たてホヤホヤの・・・

2011.09.02 12:29|日々のこと
よもぎオイルができました

しばらく夏の暑さに負けて、恵みから姿を消していましたが・・・
9月に入ったという事で、再登場です。

よもぎオイルって夏の暑さに弱いの??
いいえ、弱いのはヨモギを摘む私です

でも、そろそろ作らなきゃな~って事で、早起きをして太陽が昇る前にヨモギ探しの旅に出ました

何箇所かリサーチしているヨモギスポット。

・・・・ないっ

全ての箇所が、見事に草刈機の餌食になっていました。

がっくりと肩を落とし、一旦自宅へ戻り、朝ごはんを食べてから父をお供に、再出動

自然と共に生きている父の野生の勘?を頼りに車を走らせ、ようやく見つけたヨモギちゃん
すでに太陽はサンサンと輝いていました

汗だくになりながら、無言でヨモギ採取。
カゴ半分くらいになった所で、
水分を持たずに出た私たちは「これ以上、ここに居たら死んじゃうよ~」と・・・。

命の危険を感じて退散しました

そんなこんなで作った9月のよもぎオイル。
ある意味、ものすごいがこもっています

いつもより少なめの本数。
早いもの勝ちです
よもぎオイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。