01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

shop megumi

Author:shop megumi
オーガニックショップ恵み
鹿児島県薩摩川内市東郷町斧渕4097
TEL 090-7394-1082
FAX 0996(42)0222
◇メールは こちらまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日NHKで・・・

2012.02.29 09:31|日々のこと
29日NHKゆうどきネットワークで「重ね煮がなぜ甘いのか」という実験の検証結果などが特集されます。

横浜で重ね煮のお料理教室をしている「野菜と藤原」の藤原さんが出演!

重ね煮を学ぶ為、わらに滞在していた時に仲良くなった藤原さん。
なかなか会えないけれど・・・
今日はテレビで会えるのを楽しみにしていま~す。

重ね煮ファンの皆様。
必見です!

ゆうどきネットワーク  16:50~18:00
  生活向上委員会というコーナーで20分ほど特集される予定

緊急告知でした。

さて、私も今日はお料理教室。
誰か、録画して~!!
スポンサーサイト

「め組」報告会

2012.02.18 18:22|日々のこと
宮城県石巻に拠点をおいて、3・11以降継続的に支援を行っている「め組JAPAN」

さらに、その「め組JAPAN」を鹿児島から支援している「め組JAPAN鹿児島チーム」

その鹿児島チームが、東日本大震災から360日 ~被災地の今~と題して報告会を行います。

実際に現地でボランティアを続けているメンバーや、短期ボランティアを経験してきたメンバーの生の声を聴いて頂きたいと思います。

「愛」の反対は「無関心」だと。

直接手を差し伸べられなくても、現地に行った人の話を聞くことはできる。

自分が聞いたことを、また次の人に伝える事ができる。

そうやって、福島のことを風化させない事だって立派なボランティアだと思うのです。

人から人へそのタスキを繋ぐことで、10人目くらいの人が現地に直接ボランティアに行ってくれるかもしれない。

足りてない物資の話を聞いた人が、物資を支援してくれるかもしれない。

そのきっかけは、「あなた」が報告会を聞きに行く事かもしれない。

3月3日と4日。
福島から遠く離れた鹿児島でも、福島の「今」を知ることができます。

自分が逆の立場に立った時、やっぱり「無関心」でいられる事が悲しいですね
最近は、私自身なかなか支援活動に参加できていませんが、3日の報告会を聞きに行こうと思っています。
是非、足をお運び下さい。

3月3日(土) 18:30開場 19:00~21:00報告会
<会場> シーサイドガーデンさのさ 1Fさのさの間

3月4日(日) 13:00開場 13:30~16:00報告会
<会場> かごしま県民交流センター 東棟3F大研修室第2

※いずれも入場無料


そうそう!
昨年の敬老の日に石巻に送ったカード。
恵みのお客様や、筆文字ARTのEmiちゃん、たくさんのお友達に協力して頂いたあのカード。

現地で活動しているみゆきさんが仮設住宅で発見していました。
http://ameblo.jp/megumi-kagoshima/entry-11139849892.html
嬉しいですね~
遅ればせながらのご報告でした。

2月15日

2012.02.15 08:00|日々のこと
今日は私の誕生日。
33年前、命がけで私を産んでくれた母に33年分の“ありがとう”を

3・11以降、何気なく考えていた「生きること・生かされていること」を立ち止まって考えるようになりました。

今日、記す記事はface bookに残された福島に住む方の投稿です。

今、私が住んでいるのは福島から遠く離れた鹿児島。
でも、この期に及んで未だ「川内原発3号機」の建設を巡って論争されている土地でもあります。
決して他人事ではない福島の方の声。

ご縁のある皆さまに読んで頂きたいと思いました。


***************************

このノートは、原発事故から10ヶ月目にあたる1月12日に記したものです。当初は限定された関係性/サークル内のみで公開しましたが、予想しなかった「シェアしたい」というご要望を少なからずいただき、ノートという形にまとめ公開することにしました。



ノートという形で保存するのは、「今」しか持ち得ない私だけの気持ちを、タイムラインに流してしまうことに私自身が寂しさを感じたからでもあります。



公開にあたり、追記したいことがあります。

このノートが私の個人的な「気持ち」「感じていること」を記したものです。

文中にもありますが、何かを代表する積もりも誰かの代弁をするつもりもありません。

私は福島県在住ですが、

「比較的」放射線量の低い地域に住んでいます。

私より危険な地域で暮らすことを選んでいらっしゃる方、

余儀なくされている方は多数おられるでしょう。

このノートを読んで、もしかしたら「『安全な』地域に住んでいるくせに」

「過剰反応してるのではないか」という感想を持たれ、

不愉快になる方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、そっとこのノートを削除してください。

いくら「安全」と言われても、私は怖い。私は怒っています。

そして私は不安です。それはおそらく放射線量が高いから/低いからというだけの問題ではなく、

「事実」として提示された情報が何度も覆されたことによる恐怖や怒りや不安です。

その率直な気持ちは、誰が否定しても私の心の中に存在しているのです。

そして、その感情を認めてこそ、いつかしっかり昇華できるものと信じています。


------------------------------------------------------------------------------------------


ふくしまで暮らす、ということ。

わたしが、ふくしまで暮らすということ。

わたしにとって、ふくしまで暮らすということ。



たとえば、朝起きて窓を開けて深呼吸する習慣がなくなったこと。

たとえば、洗濯物を外に干せないということ。

たとえば、庭の畑で採れた野菜を捨てるということ。

たとえば、私が何も言わなくても線量計とマスクを身につけて外出する娘の姿に胸がチクっと痛むということ。

たとえば、この真っ白な雪に触れられないということ。

たとえば、「がんばろう福島」のスローガンに時々微かな苛立ちを感じるということ。

たとえば、いつのまにか呼吸が浅くなっているということ。

たとえば、福島に住んでることを誰かに話すとき、「でもうちはまだ線量が低いから…」ときかれてもいないのに説明してしまうこと。

たとえば、ふくしまには福島とFUKUSHIMAがある、と感じること。

たとえば、ふくしまに「とどまれ」と言われると「人の命をなんだと思ってるんだ!」と言いたくなり、「避難しろ」と言われると「そう簡単に言うな!こっちにも事情があるんだ!」と言いたくなってしまうこと。

たとえば、6歳の娘が将来結婚できるかが今から心配になってしまうこと。

たとえば、ふくしまに住んでいるという選択の責任を放棄したくなること。

たとえば、わたしたちの日常が誰かの犠牲と努力によって保たれている薄氷のような「安全」の上に成り立っているという当たり前の現実を、毎朝腹の底から理解するということ。

たとえば、明日にはこの家を遠く離れるかもしれない、と毎晩考えること。

たとえば、それでも明日もこの家で暮らせますように、と毎晩祈ること。

とにかく、娘の健康と幸せを祈ること。

あの黒煙が脳裏から離れないこと。

それでも、毎日をそれなりに楽しく暮らしていることを、誰かにわかってほしいということ。

毎日、怒ること。

毎日、祈ること。



ふくしまを代表するつもりも代弁するつもりもありません。これがわたしの、わたしだけのふくしまで暮らすということ。

今日が、ふくしまにとっての10ヶ月。



yurine pudding

2012.02.14 13:14|ごちゃごちゃいろいろ
先月の事。
岡山のわらの住人から「百合根のプリン、めっちゃうまかった!」と電話がありました。
卵もミルクも使わない動物性0%のプリン。
そんなものが家庭で簡単に作れるのなら嬉しい

でもね・・・
鹿児島の皆さん、百合根って見かけたことあります?

岡山では手軽に手に入る食材なんだとか。

「まず、百合根が手に入らんわ~」と言ったら、後日レシピと一緒に百合根が送られてきました
ありがたや~。
yurine1.jpg
両親も生の百合根を見たのは初めてだったようで・・・。
これって花が咲くのかな?とか、食用と鑑賞用の百合って違うのかな?とか話しておりました。

一家全員鹿児島県人→結論出ず

ひとまず、レシピ通りに百合根を1枚ずつはがし蒸し煮にします。
yurine2.jpg
茹でたての百合根はホクホクしていて、ほんのり甘くて美味しい
食感はじゃがいも、味はさつま芋?みたいな感じ。

柔らかくなった百合根と豆乳、メープルシロップ・玄米甘酒などをガーッとミキサーで混ぜて・・・
お鍋で温めながら葛でとろみ付け。
yurine3.jpg
プリンだけど、蒸したり焼いたりしないお手軽レシピ。
30分ほどで出来ちゃいました。
yurine4.jpg
カラメルは玄米珈琲メモリザ&メープルシロップで。
香ばしくて、ほろ苦くて、こりゃ絶品でした

卵&ミルクで作ったカスタードに負けない美味しさ!
我が家では、後味のあっさり感が「普通のプリンより美味しい」と好評でした。

ただ、百合根がねぇ・・・
って事で、只今ほかの食材で試作中です。

食感や味的に「ひよこ豆」が合うんではないかと。。。
これなら手軽に手に入るし

もうちょっと完成度が上がったら、お料理教室で楽しんでみようかな

今日はバレンタイン。
鹿児島は雨です

今朝「今夜は鍋にしようか」と母。
フツーです。

皆さま、愛のある1日を

毎年・毎年ありがとう

2012.02.10 11:59|日々のこと
2月前半のお料理教室も落ち着き、昨日は少し早めのお誕生日会をしてもらいました

毎年、お互いの誕生日には集まって食事会をする仲間。
みんなが独身だった頃は、お酒も飲めるちょっとお洒落なお店でディナーを楽しんでたなぁ

それぞれ、結婚したり出産したりする度にディナーがランチになり、外食がおうちパーティになり・・・。

それでも変わらず、毎年毎年こうやって集まってお誕生日を祝える事が宝物だな~って
仲間が集まる場に欠かせない食事。
生きる事は食べること。
生きる事は楽しむこと。
生きる事は愛すること。

昔、よく「ねぇねぇ、今日が人生最後の食事だとしたら何を食べたい?」とか「今日、地球が滅亡するとしたら最後に何食べる?」とかっていう会話をしていましたが・・・。

ほんとは、メニューは何でもよくて、誰と食べるか?って事が大事かな~って思った1日でした

大好きな人たちに囲まれて食べる食事はおにぎりだって絶品で、たった一人でたべるフルコースより美味しいと思うもん

人生の最後に一緒に食卓を囲みたい人・・・。
う~んたくさん居すぎて幸せだぁ・・・。

復活!

2012.02.02 17:41|日々のこと
1月いっぱいお仕事させてもらっていたマラソン事務局。
1月29日、快晴の中無事にマラソン大会を終え、残務整理を行い、昨日をもって任務終了となりました。

マラソン大会当日は、心配していた雪も降らず、雨も降らず、みんなが笑顔のいい天気

毎年テントの中で寒さに震えている私ですが、今年はテントの外でランナー達を見学
帰宅してみたら、まさかの「日焼け」をしていました。
準備の為、家を出た6時半は、まだまだ寒かったのでヒートテックやカイロで防寒対策はバッチリ!
まさかUV対策が必要だったとは・・・

何はともあれ、無事に終わって良かったです


2月に入ってからは極寒の毎日です。
今日も朝から雪が降り続いています。

TVに映る東北方面の雪とは比べ物になりませんが、なんせ雪に慣れていない鹿児島県民。
県内のあちらこちらでスリップによる自動車事故が起きているようです
外出される皆さま、気をつけて下さいね。

私は今朝からキッチンにこもって、2月のお料理教室の為の準備です。
スープ8種を次々に作っては撮影&試食。
dc020216.jpg


ず~っとFMをかけているのですが、今日はやたらとレミオロメンの「粉雪」とカズンの「冬のファンタジー」が流れます
どちらも窓の外の景色にぴったりです

さて、もう一息


そうそう、今日は母の誕生日。
今日で還暦です。

派手な物をあまり好まない母
赤い服やバッグをプレゼントしたところで、お蔵入りになる危険性が高いので・・・。

60本の赤い薔薇を贈りました。
dc020203.jpg
3回目の成人式おめでとう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。