01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

shop megumi

Author:shop megumi
オーガニックショップ恵み
鹿児島県薩摩川内市東郷町斧渕4097
TEL 090-7394-1082
FAX 0996(42)0222
◇メールは こちらまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を迎える準備

2013.02.28 19:20|日々のこと
あっという間に3月に入りましたね
2月はなにかと店を不在にする事が多く、パソコンと向き合う時間も少なめでした

「blog更新されないですね。忙しいことと察します。お体気をつけて下さいね」
という心温まるメールを頂いたり
「おーい。誕生日の記事でblog止まってるよ!いつまでも誕生日アピールしなくていいからっ!」
と友達から厳しい突っ込みが入ったり・・・。

いろいろと皆さんに気にかけていただいて、有難いです(笑)

2月後半、スケジュールが決まった時「こりゃ、自分自身の体力の限界に挑戦だな・・・」と思いました。
お料理教室や講演のご依頼を続けて頂いていたので、常に翌日の事で頭がいっぱいの日々。

加えて、日常生活でも心のバランスが乱れる出来事があったりで、もういっぱいいっぱい

1つ1つの出来事に「これはどんな試練?」「私に何を教えようとしてる?」と問いかけてみたり。
時に訪れる「神様からのお試し」のような出来事。
「そうきましたか」とサラリと受け止められるように早くなれればいいのだけど。

まだまだ小石につまずいて泣く子供のように、小さな試練の1個1個につまずいては泣き・・・の2月後半でした。

振り返れば、少しグランディングが出来てなかった状態だったかもしれません。

そんなグラグラした想いに終止符を打ってくれたのは、大切な人とのお別れでした。
本当にあまりにも突然すぎて喪服に着替えても実感が湧かず、葬儀場へ行ってもしばらくは放心状態でした。

お通夜・告別式に訪れる弔問客をいつもの微笑みで迎える遺影。
彼女を一言であらわすなら「愛」だと迷わず言える生き様。

彼女が愛し、愛されたたくさんの友人が集まった葬儀の場で、いつもだったらこの場にいるはずの彼女だけがいない事がとても不自然で。
ふと、どこかから彼女の声が聞こえるような錯覚に陥りました。

深夜のファミレスで、人生相談をした時も、恋愛相談をした時も、常にポジティプな発想でアドバイスをしてくれてたな~。
「も~なんでめぐちゃんは、そんな難しく考えるのかなぁ」ってよく言われてた

長年、病気と付き合いながら、いろんな事に興味津々で、人の為に一生懸命尽くして、いつも笑顔で前向きで、自らの身に起きるいろんな事をしっかりと受け止め、乗り越えてたなぁ・・って思い返しながら、彼女のような生き方ができれば幸せだと強く思う別れでした。

ココロのままに。
私にできることは精一杯させて頂こう。
人の気持ちを繋げるのは、やっぱり愛だな~って。

そう気付いたら、グラグラしてる場合じゃない
しっかりと今を生きなきゃ・・と思えた2月の終わりでした。

3月、お料理教室に加え、村上和雄さん・佐藤初女さんなど会いたかった方の講演会の予定も入っています
春に似合う笑顔でスタートしたいなと思っています。

皆様にとって、笑顔溢れる春となりますように
スポンサーサイト

生かされている日々

2013.02.15 15:53|日々のこと
今日、お誕生日を迎えました。
子供の頃、オバチャンだと思っていた34歳。

あの頃の自分にゲンコツです

先日、出会った方がおっしゃっていました。
「不安に思ったらいけないよ。不安な事を想像するという事は、不安な未来を望んでいる事になるからね」と。

想像した事は現実になるから・・という事なのですが、自分がオバチャンだと思った時点から本当のオバチャンになってしまうのだろうと思うので、まだまだ女子高生並みに、はしゃいでいようと思います

10・11日とライブ続きでした。
365日、何かしらの音に触れて生きている私たち。
音楽を聴くだけで、思い出す嬉しい事やワクワクした気持ち。
時には忘れたい出来事まで、思い出してしまうという副作用もありますが・・・(笑)

やっぱりこれからもたくさんの音楽に癒されたり、刺激を受けたりして生きていくのだろうと思います。
ありがとうね、音楽

先日お邪魔した神人さんのライブ
65570_464977206891497_90041527_n[1]
とっても素敵な時間でした。
きっとそこにいた人だけが味わえる“場”の感覚。
3時間半に及ぶライブ中、何人もの顔が頭に浮かび「あ~あの人も連れてきたかったな~」と幾度も思いました。

次回、神人さん来鹿の際は皆さまも是非


17日より、お料理教室や講演が続きます。
人との出会い、新しい場所との出会いに感謝しつつ、精一杯今の私にできる事を・・・と思いながら準備を進めています。

2月20日(水)サンエールにて行われる重ね煮お料理教室<ブイヤベースver>2名ほど空きがあるようです。
お子様連れOKのクラスです。
お問い合わせは090-7394-1082(恵み)まで。

食べる事・生きること・生かされている事・その繋がりを強く強く思う、今日この頃です。
だからこそ、私がお役に立てることは何なのか。
その事を考えながら、今日も生命を頂いたことに感謝しながら生きようと思うのです。

お母さん、34年前の今日。
生命を賭けて私を産んでくれてありがとう。

この生命を、縁ある大切な人達の為に使わせて頂きますね。

いつものペースに戻りました。

2013.02.05 13:40|日々のこと
随分、ご無沙汰していました。
いつの間にか節分・立春が過ぎ去っていました

1ヶ月と少し携わっていたマラソン事務局も、1月末で終了しお店に戻ってきました。

大会当日は時折みぞれが降る中、寒さに耐えながらの1日となり、その翌日は気持ちの良い晴天という「なんじゃこりゃ~?」な開催となりましたが、ケガも事故もなく無事に1000名の参加者の皆様がわが町、東郷町を走り抜けられたことに感謝です。

ホッとしたのもつかの間、2月1~3日までメディポリス指宿で行われた坐禅断食会に参加してきました。
多分、今回で5回目の参加となります。
485345_424082597667429_977846899_n[1]メディポリス指宿内観

1日の朝食から自主的に食事を抜き、夕方6時にメディポリスに集合、それから3日の昼までの約60時間の断食なのですが・・・。

ワタクシ、うっかり31日の晩ごはんを食べ損ねまして
1人、71時間断食への挑戦となったわけです
600488_424066334335722_821148023_n[2]
耐えられるかな~と心配しながらのスタートでしたが、今回の坐禅断食が過去の体験の中で一番スムーズでした。
もちろん、カラダがきつくなる時間はあるのですが、そのきつさが今までに比べると比較的楽だった気がします。

普段の生活の中で、20分間の坐禅を組むという習慣がない為、この断食中に経験する坐禅の時間は私にとってとても貴重な時間です。
これを1時間ごとに繰り返すのですが、3日間で合計15回。
計300分の坐禅を組む事になります。
「半眼で、呼吸に集中して、呼吸の数を数える」というのがルールなのですが、これがめちゃくちゃ難しい

次から次に雑念が沸き、1・2・3・・・・雑念、1・2・3・・・雑念。
と、結局最後まで考え事だらけの20分間

「100まで数えられるようになる事」
次回の課題です。

「何の為に断食に行くの?」ってよく聞かれます。
ココロとカラダのリセット。
この一言に尽きます。

参加者、ひとりひとり目的は様々です。
ダイエット目的の方、慢性的な疾患を緩和させたい方、健康維持目的の方、自分の感性を研ぎ済ませたい方etc・・・。

効果のほどは?ともよく聞かれますが、それはリピーター率の高さを見れば一目瞭然なのです。
私自身、5回目の参加にしてほとんどの方と顔見知り

そして皆さん、3日目の反省会の時には「また次回もお会いしましょう」と語り合うのでした。


今回は、断食参加者の方を対象に希望者のみの「重ね煮お料理教室」を開催させていただく事になっていました。
断食後1週間は、いろいろと食事規制があるので、自宅での食事に困る方もいらっしゃるようです。

動物性のもの、油、調味料などを使わずに美味しく食べれる重ね煮は断食後の食事にもピッタリ
549408_424082671000755_1217732303_n[1]
実際にお野菜を切るところから体験していただき、3種類のアレンジの試食を行いました。
それぞれ、お家で実践して下さっていたら嬉しいな

そんなこんなで、やっと本当にお店に戻って参りました。
今週末に予定している打ち合わせから、本格お仕事始動です。
お料理教室・講演のご依頼など頂いており、2月の予定はほぼ埋まっております
ありがとうございます。

いろんな場所で、皆様とお会いできる日を楽しみにしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。