07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

shop megumi

Author:shop megumi
オーガニックショップ恵み
鹿児島県薩摩川内市東郷町斧渕4097
TEL 090-7394-1082
FAX 0996(42)0222
◇メールは こちらまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日がある君たちへ

2014.08.17 10:53|日々のこと
講演会のお知らせです。

明日がある君たちへ

中村文昭さんと知覧特攻隊の生き残りの地頭薗盛雄さんの対話式講演。

私は戦争を知らない子供の子供です。
戦地へ赴いた祖父は2人ともこの世を去ってしまいました。

教科書や映画でなく、実際に戦争を経験した方からのお話を聞ける機会がどんどん減ってきました。
この先、十数年後には確実に「戦争体験者」は日本からいなくなってしまう。

だからこそ、これからを生きる私たちがしっかりと聞いておくべきことがあると思うのです。

「明日がある君たちへ」という演題。
フライヤーを受け取った時、私の脳裏に浮かんだのは自分自身ではなく、幼い子供たちの事でした。

自身に子供はいませんが、友人の子供や親戚の子供、私にとっては自分の子供のように大切な子供たちと、日々戯れています。
この子たちが、不安に怯えることなくノビノビと生きていける時代を残してあげなければ・・・と幼い子供と触れ合う度に思うのです。

でも、地頭薗さんが語られる「明日がある君たち」の中には当然私たち世代へのメッセージが込められているはず。
しっかりと、その想いを受け取って来たいと思います。

恵みにてチケット・フライヤーお預かりしています。
高校生以下は無料です。
夏休み最後の日、是非ご家族で私たちへのメッセージを聞きに行きませんか?

※20日~1週間ほど、岡山へ行きます。
 チケットご入り用の方は、お店にて取り置きできますのでご連絡下さい
 090-7394-1082 (野間)



以下、主催者より

忘れてはならない歴史がある。
知覧で命の成人式をした中村文昭氏
知覧特攻隊の生き残り地頭薗盛雄氏
二人の対話による平和へのメッセージ

元陸軍少年飛行兵15期生 であり、昭和20年6月5日に特別攻撃隊(特攻隊)に下名され、出撃命令を受け、戦地に赴く途中で終戦を迎えられた地頭薗さん。

戦後、特攻隊で亡くなられた先輩や同僚の慰霊を行うことを決意。当時畑しかなかった知覧の観音堂のまわりに、遺族に呼び掛け遺品を集め、慰霊の場をつくり始める。

慰霊の場は、特攻平和会館へと発展していく。

また、今年60回を数えた慰霊祭を立ち上げ、現在に至るまで慰霊顕彰事業に尽力する。

鳥濱トメさんを、同じ慰霊祭の立ち上げメンバーの南日本新聞記者を通じて南日本新聞に紹介、反響を呼ぶ。その後トメさんは日本中で知られるようになる。

地頭薗さんは、自らの経験を、これからの世代に伝えたいと、そして平和な国をつくってほしいと願っています。

若き日に、ひとりで成人式をあげに、知覧の平和会館におとずれていた、中村文昭さんにMCをお願いし、地頭薗さんからお話を引き出していただきたいと思っています。

みなさんのご参加をお待ちしております。


*********************

中村文昭氏×地頭薗盛雄氏講演会
「明日がある君たちへ」
18時30分開場 19時00分開演 20時45分終了

場所 鹿児島県市町村自治会館

参加費 前売り2000円(当日2500円)
高校生以下無料

スポンサーサイト

8月(@_@)

2014.08.02 16:51|日々のこと
ついこの前、2014年も折り返し・・・なんて言っていたのに、もう8月(@_@)
時の流れが早すぎて、目が回りそうです。

毎年7月は岡山へ行っていましたが、今年は8月へシフトしたので久しぶりに丸々1カ月鹿児島に。
もう何年も聞いていなかった地元のお祭りの花火の音も聞けました
(数年ぶりの地元夏祭りだというのに、会場へは行けず・・・家で音だけを楽しむという想像力を掻き立てられる夜となりました(笑)

夏休み期間に突入という事もあり、お料理教室へは親子さんでのご参加や、遠くからの参加者の皆さまが相次ぎ、まさに重ね煮三昧な日々でした。
10474861_614720955293698_2586501934472916630_n.jpg

ここ数カ月で、一番たくさん重ね煮を食べた1カ月。
で、ここ数カ月で一番忙しかった1カ月。
でも、ここ数カ月で一番元気だった1カ月。

やっぱり、健康の源は「食」なんだと自身の身体を持って体感しました。

8月は、少しの間ですが離れて暮らす祖母が療養に来たり、お盆の帰省組がやってきたり、自宅開放で石鹸作りのワークショップをしたり・・・といつもと違う時間が流れます。

私自身も20日~25日の予定で「わら」へ里帰り。

お料理教室の日程がグッと減りますが、9月からはまた秋のメニューで再開します



時を重ねる毎に、人と出会う毎に、新しい事に興味が沸き、いろんな事に挑戦してみたくなります。

それに伴い、必要になるお金。
つい先日、「お金」にまつわる不思議体験をしました。

7月の新月の日。
いつもの新月と同じように、新月のお願い事に加え、アンソニーロビンス流目標達成術のワークをしました。

残り半分となった2014年、何を目標にして生きるか。
どこへ向かうか。
その為に、具体的に何をするか。

書き出すことで、これからすべきことが明確になります。

そこで具体的に見えてきた「夢を叶えるために必要な資金」

さぁ、どうやって準備しよう
お金の事を考えるのは、とっても苦手。。。

その3日後。
友人との何気ない会話の中で出てきたフレーズ

「服が欲しい、バッグが欲しい、私利私欲の為に必要なお金だったら自分で努力して稼がなきゃいけないけれど、そのお金が後に、誰かを喜ばせるために必要なものだったら、自然な形で与えられるよ」

「だね~。宝くじが当たっちゃうとか?!」(←そもそも買ってもないのに当たる訳ない

で、その翌日。
思いがけない人から、思いがけない形で、思いがけない金額を受け取りました

なんじゃ~
予言・・・?!

でもね、きっと私の目標が達成されて、夢が叶ったら少なからず、誰かを喜ばせられると思うんだな

ありがたく受け取らせて頂きました。
次は私が行動に移す番です



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。