03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

shop megumi

Author:shop megumi
オーガニックショップ恵み
鹿児島県薩摩川内市東郷町斧渕4097
TEL 090-7394-1082
FAX 0996(42)0222
◇メールは こちらまで

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月26日@Facebook

2016.04.26 18:47|日々のこと
往復5時間。
講義は2時間。
1人ではへこたれてしまいそうな学びへの道も、お友達が一緒だと遠足気分♪
帰り道の2時間半は、ついさっきの講義内容を復習するのにちょうどいい時間。
自分の解釈と他人の解釈のすり合わせも出来て有意義な時間です。

自由人な私は宮崎へと通えている「ひとみ塾」
周りから聞こえる「自分も話を聞きたい!でも宮崎までは行けないよぅ」の声を無視できない性分です(^^;)

宮崎ひとみ塾が来月で終了したら、薩摩川内ひとみ塾開催に向けて準備を進めて参ります。
「愛と財の融合」
お金の話が好きな方・苦手な方。
目に見えない世界の話が好きな方・苦手な方。
そんな全ての方に聞いて頂きたいお話です。
まずは後藤ひとみさんに会って頂きたいので、プレセミナーを企画しようと思っています。

後藤ひとみさんHPはコチラ→http://perfect-one.jp/
10分弱の動画があります。
ご覧になってください(*^^*)
スポンサーサイト

4月25日@Facebook

2016.04.26 18:45|日々のこと

鹿児島市・個人宅にて重ね煮お料理教室でした。
<きのことゴボウの重ね煮ver>
お店に春ゴボウが並び始めると、心の中で「わーい\(^o^)/」って言ってしまう私。
子供の頃は苦手な食材だったゴボウも、重ね煮を知った時から大好きなお野菜になりました。

~アクが甘みに変わる~

こんなお野菜マジックを知ったのもゴボウの重ね煮から。
知れば知るほどハマります。

昨日のレッスンでは「私は野菜の力を信じています」という嬉しい言葉を聞けました。
そう!師匠がよく言う言葉
「まず、素材に感謝。ありがとう・ありがとうって言われたら、野菜だって"そんなに感謝されたら、あんたの役に立っちゃろかい”って思うんですよ」って。

「信じる」も一緒。
「あなたの力を信じてる」の想いで調理し、口にする事で素材はその想いに応えてくれる。

・・・って、私は信じています(*^-^*)
13043284_921673457931778_3885936309006892511_n.jpg

4月21日@Facebook

2016.04.22 11:10|日々のこと
熊本で地震が起きてから1週間。
現地へ向かう仲間の後方支援をしようと決め、募金の呼びかけと並行してコツコツ作っていた炒り玄米。

支援物資として届く食料は、保存の効くもの・簡易的なものが優先されるので、どうしても菓子パンやカップラーメンが多くなりがち。
非常時には、本当に心強く有難いもの。
だけど、こういう食べ物が続く中、不安や恐怖も重なると身体は陰性に偏り、頑張りが効かなくなります。
時間の経過と共に、疲れもたまり、被災者の方も支援に入るボランティアの身体も心配。

そういう時にとても役立つのが炒り玄米。
陰性に傾いた身体を陽性に。
身体の中に溜まったものを排出するお手伝いもしてくれます。

一度に大量に作れないので、暇をみつけてコツコツと。
お友達も手伝いに来てくれて、今日我が家にあった全ての玄米が炒り玄米に生まれ変わりました。

おかげ様で、支援に入る仲間へ託す事ができました。
5年前の東日本大震災で学ばせてもらった事。
支える人を支える支援もあるという事。

今日も私に出来る事を。
精一杯の想いを込めて。

pray for kumamoto
13015589_919725448126579_1766343352271788900_n.jpg

4月18日@Facebook

2016.04.18 15:18|日々のこと

明日から4日間、母と台湾旅行の予定でした。
そろそろ旅行の準備をしないとね・・と言っていた矢先、お隣熊本県で地震が発生。
私たちの住む鹿児島県に大きな被害はなかったものの、しばらく余震に注意との報道。

もう、これは旅行に行ってる場合ではないね。
行ったつもりでお金と時間を支援に充てよう、と母と話し鹿児島に残る事にしました。

そうこうしている間に、5年前の東北震災の時、支援活動を支えてくれたお友達やお店のお客様が「めぐみちゃん、動くんでしょう?」「どこに募金をしたらいいのか分からないから、預けていいかな?」と募金を届けて下さいます。

オーガニックショップ恵み及び私に預けて頂いた募金は、4日前より熊本に支援に入っている橋之口みゆきさんに託します。
現地のニーズは流動的です。
行政が把握している避難所と、そうでない避難所の物資の行き渡り具合もバラバラです。

現場を見ながら、本当に必要なものを必要としている人へ届けてくれる活動をしてくれるみゆきさんに指示をもらい、後方支援をしたいと思います。

募金の他にまだ私にも出来る事。
今日はコツコツ、炒り玄米を作っています。
東北震災の時、被災者の方だけでなく長期でボランティアに入っている方の栄養補給に役立ったと、みゆきさんから教えてもらいました。

お役に立ちますように。
13010884_918107184955072_8956339842532691016_n.jpg

4月9日@Facebook

2016.04.09 14:02|日々のこと
リ・デザイン工房 毛利 滋子さん主催の、重ね煮お料理教室「常備菜ver」でした。

手作りお味噌の講座をされている毛利さん。
ご自身が病気をされてから気付かれた食の大切さ。
やはり、伝えていきたいのは日本の伝統「発酵食」と「和食」

母の病をきっかけに食の大切さに気付かされた私と、想いが重なる部分がたくさんあります。
大切な人になにを食べてもらいたいか。
大切な自分自身の身体をどんな食事で作り上げていくのか。
愛しているからこそ、その人の身体の中に入っていく食べ物に手をかけ、想いを込めたい。

「重ね煮」は愛を伝える一つのツール。
大切なのは、作り手の気持ちだと思います。

だから、昨日の教室ではあえて言いました。
「イライラしてる時は重ね煮作らないで下さいね(*^^*)」
保存ができて、毎日使いまわせる重ね煮だから。
その日のイライラを1週間も使いまわす事はオススメしません(笑)
気分が乗った時に作って下さい♪

次回、リ・デザイン工房さん主催「基本の重ね煮 お弁当ver」が鹿児島市内にて5月14日(土)開催予定です。
詳細決まりましたらご案内致します。

12963669_913255092106948_3911205880404540267_n.jpg

4月6日@Facebook

2016.04.06 19:32|日々のこと
<春の手仕事 2日目>
今日は小学校の入学式だったのですね。
お友達の子ども達も新一年生に。
この子達がこれから先、好きなだけ夢を語れる懐の深い大人にたくさん出会ってくれたら嬉しいなぁ。

私は・・・
自然の恵みに感謝の1日でした。
昨日、摘んでおいたヨモギを白胡麻油でグツグツ煮て、ヨモギのエキスを抽出。
オリーブグリーンの美しい色に、毎回うっとりします。

切り傷の絶えない私には必需品のヨモギオイル。
万能だから、暮らしの中の色んなシーンで登場します(*^^*)
私、もうヨモギの生えない土地では暮らせないかも・・・。
12963350_911844902247967_6326936420584359721_n.jpg

4月5日@Facebook

2016.04.05 19:55|日々のこと

《春の手仕事》
ヨモギオイル作りをしています。
今日は摘んだヨモギを洗って、拭いて、太陽の光を当てるところまで。
友人お手製のハンモックにヨモギを寝かせてゆらゆら(*^^*)

明日、煮詰めて極上オイルにします。

春ですね〜
12524385_911186115647179_3174445411969353207_n.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。